トップページに戻る

人がふれあう街づくり。毎日の生活の通り道、清潔で明るい広場。 沖縄都市モノレール株式会社「ゆいレール」。

沖縄都市モノレール「ゆいレール」

ゆいレールについてゆいレールご利用案内ゆいレールえきガイドゆいレールQ&Aオンライン美術館ゆいレール展示館ゆいレール広告募集ゆいレールお問合せ

ゆいレールについて

 

車両紹介

ゆいレール コンセプト
21世紀にふさわしい、沖縄の持つ豊かな地域性と国際性を生かした車両デザインとしました。

『優』 『涼』 『景』 『清』 『軽』の5つのキーワードを元に、シンプルとソフト、簡潔で明快なデザインとしました。
≪右の図をクリックで拡大


1 車体デザイン
車体の前面は曲線を配し、滑らかに一円孤でつながる柔らかさを持った先頭形状になっています。
沖縄を象徴する色として、首里城の伝統的な本朱塗りの赤を基調としたシンボルカラー赤のラインを配し、黒のラインからグレーヘと色彩を変化させることにより、車体を軽くまた長く見せています。
2 車体構造
構体は、沖縄特有の塩害対策及び車両の軽量化を図るため、全アルミニュウム合金製の溶接構造で、床下ギ装機器はスカートで被い、台車廻りに防音カバー等を設けるなど低騒音化を図っています。

 

客室はより多くのお客様に気持ちよく乗っていただくことを目標に...
@ 客室は清涼感あふれる白を基調に窓枠を黒、切妻部イエローとすっきりと明快な色合いで、床はツートンカラーの横じまで車内を広く見せています。
A 客室はより多くのお客様に気持ちよく乗っていただくことを目標に、また車、やバスにないモノレールの魅力、地上10mの軌道上を走り抜ける車窓からの眺望を楽しんでいただこうとロングな窓ガラスとし、座席は運転室うしろの展望席以外はロングシートとし、座席の柄も沖縄伝統の琉球かすりの紋様を取り入れたトウィグワー(小鳥)とバンジョウー(カギ型)を組み合わせたパターンといたしました。
B 先頭車には、床面を200mm高くしたクロスシートの展望席を配置しました。又各車両に優先席を配置し、編成には一ヶ所車椅子スペースを設けています。
C 乗降口ドアには「号車・ドア番号」が視覚障害者の方にも分かるように、点字付表示を設けています。(バリアフリー対応)
D 優先席付近の吊革を黄色とし、優先席付近が容易に識別できるようにしています。(バリアフリー対応)
 
乗務員室
 
運転台   貫通路

乗務員室の各機器はワンマンによるATC手動運転のため、操作性、居住性、前方視認性を考慮して、マスコンハンドル、各種操作スイッチ、表示灯、モニター画面、車両ドア開ボタン、列車無線を機能別に集約して配置しています。

 

中央部には内開き式の前面貫通路を設け非常時等に他の列車と連結するにより避難誘導ルートを確保できる構造としています。

台車・駆動装置
電 動 台 車
 
付 属 台 車

台車は2軸ボギー台車構造となっており、電動台車と付随台車より構成されています。走行軸と水平輪(案内輪及び安定輪)により構成され、空気バネを用いて車体を直接支持するボルスタレス台車を採用しています。この機構の採用により軽量化、乗り心地の向上及び摺動部の削減による保守性向上が図られています。

ブレーキ方式は、駐車ブレーキ内蔵の空油変換式ディスクブレーキで、駆動装置の中間軸に設けたブレーキディスクに、ブレーキライニングを作用させる構造としています。

走行車輪は、窒素ガス入りスチールゴムタイヤで1軸に2輪を備え、台車枠に片持ち固定し、タイヤ交換が安易に行える構造としています。

 

台車枠は、鋼板溶接製で案内輪を側面上部、安定輪を側面下部に配置しています。万一のパンクに備えて、それぞれの車輪に補助車輪を設けています。

走行車輪には、圧力スイッチとスリップリング装置からなるタイヤパンク装置を備えており、圧力低下時には運転台のモニター表示画面に表示される構造としています。

 

駆動装置は、2段減速直角カルダン方式で直接台車枠に固定されており、主電動機をたわみ板式接手(TD接手)を介して結合しています。この他、台車には集電装置、車体接地装置、ATC・TD用信号用アンテナ等が取り付けられています。

補助電源装置(SIV)
インバーター装置

インバータ装置は架線電圧のDC1500Vを群のインバータで分圧し、それぞれのインバータにより直流から交流に変換し、トランスで合成して規定の電圧(AC200V3相−60Hz)を出力します。

制御装置
インバーター装置
 
インバーター制御車の構成

主回路は断流器、充電抵抗器、フィルターリアクトル、VVVFインバーター制御装置等により構成され、VVVFインバーター制御装置一台で100KWの主電動機2台を制御するシステムを取っています。

 

これにより、一般鉄道同様、乗り心地向上、保守の低減、最粘着特性の向上、回生ブレーキによる消費電力の節減が可能になりました。

 

また故障・動態モニター装置を設けて検修用に各種情報を記憶させ、必要に応じて読み出せる機能も設け、保守の低減を図っています。

自動列車制御装置(ATC)・車検知装置(TD)
ATC/TDアンテナ

信号保安設備として自動列車制御装置(ATC)、車内信号機、及び列車検知装置(TD)を設けています。

 

自動列車制御装置及び車内信号装置は、閉塞区間毎に設置された地上側(軌道桁上部)のループ線により信号を受信し、この制限速度信号を車内信号機に現示するとともに、列車の速度を照査し、列車速度が制限速度信号を上まわると自動的にブレーキ動作を行い、列車の安全確保をしています。

 

列車検知装置は、列車の前部及び後部から周波数の異なる列車検知信号を常に送信し、これを列車検知区間毎に設置された地上側(軌道桁上部)のループ線で受信し、列車の存在を連続的に検知しています。

 

速度計(車内信号機付) ATC/TD共通部(Mc1・乗務員室) ATC受信装置(Mc2・乗務員室)

 

主電動機
主電動機

主電動機は三相誘導電動機を採用したわみ板継手(TD継手)を採用した実軸直角カルダン式としています。

 

通風方式は自己通風方式を採用し、機外の空気をエアフィルターを通して取り入れる構造とすると共に、排気部には排気覆い(サイレンサー)を設置した構造としています。

 

軸受け構造は中間給油なしで、長期間無分解走行を目指した構造とし、速度センサーは主電動機の回転方向と回転速度を検出するよう、磁性歯車を使用した2出力形高周波数式回転検出規を採用しています。

ブレーキ装置

ブレーキ装置は段制御方式の全電気指令電磁直通液圧変換式ブレーキ装置でVVVF制御車の回生ブレーキを優先的に作用させ、不足分を空気ブレーキで補足します。装置は自動列車制御装置と連動したブレーキ動作が可能であると共に、加重の変動によらず、ブレーキ減速度を一定とする応加重機能を備えています。その他、保安ブレーキ装置、駐車ブレーキ装置を備えブレーキ指令により油圧変換し各駆動装置に設けられたディスクブレーキを作用させています。

 

空油変換装置 本装置は編成当り駐車ブレーキ付を4台、駐車ブレーキ無しを4台搭載しています。
 
@駐車ブレーキ無し   A駐車ブレーキ付き

本装置は、空気ブレーキ圧力(BC圧力)を液圧力に変換してキャリパシリンダに供給してディスクにブレーキを作用させるもので、ロートチャンバと油シリンダで構成されています。

 

上記駐車ブレーキ無し品に、バネ力を液圧力に変換して駐車ブレーキを作用させるバネ油変換部を加えたもので、バネ油変換部以外の仕様は上記と同じです。

車両主要諸元
形   式 跨座型モノレール車両

運転方式

ワンマン手動運転
車   種 2軸ボギー電動制御客車
編   成 2両固定編成(Mc1・Mc2)
最大寸法 長さ(連結面間)  14.70m
幅           2.98m
高さ (全高)     5.10m
   (軌道面上 )3.735m
床面高さ 1.08m(軌道面上)
自   重 MC1:27.5t
MC2:26.3t
定   員 165人(内座席65人)
MC1:83人(内座席31人)
MC2:82人(内座席34人)
加 速 度 3.5km/h/s
減 速 度 4.0km/h/s(常用最大)
4.5km/h/s(非常)
最大登坂能力 60‰
最高運転速度 約65km/h
電車線電圧 直流 1500V
台   車 鋼板溶接構造2軸ボギーボルスタレス台車
駆動方式 2段減速直角駆動方式 減速比5.68
主電動機 三相かご型誘導電動機(100kW×6台/編成)
制御装置 VVVFインバータ制御装置
制動装置電気指令式電磁直通空気ブレーキ(回生制動併用)
応荷重装置付,ATC/TD連動
信号方式車内信号方式(連続誘導制御式自動列車制御装置)
列車検知装置 連続送受信式列車検知装置
列車無線 通話系無線機(半複信方式)
発報系無線機(発報信号,非常発報,デッドマン通報)
補助電源装置 静止型インバーター装置(70KVA)一台/編成
冷房装置 20.35KW×2台/両

 

 

ページトップへ↑

 
採用情報